メープルシロップの老舗・田辺インターナショナル株式会社がカナダから自信を持って直輸入した、伝統的な製法を守ってオンタリオ州で作られている、100%ピュアで風味豊かなH.T.エミコット・メープルシロップをお届けします。

数あるメープルシロップの中には添加物を加えて風味を整えている製品が多々見受けられますが、H.T.エミコット製のメープルシロップは成分を足したり引いたりしない、自然本来の風味を引き出すように伝統的な製法で作られています。

そのため採れる量に限りはありますが、一度味わったらとりこになるメープルシロップ本来のおいしさをご賞味下さい。

ABOUT Maple Syrup

メープルシロップの老舗・田辺インターナショナル株式会社がカナダから自信を持って直輸入した、伝統的な製法を守ってオンタリオ州で作られている、100%ピュアで風味豊かなH.T.エミコット・メープルシロップをお届けします。

メープルシロップが出来るまで

メープルシロップは、カナダの寒い雪におおわれた深い森に自生しているサトウカエデの樹液を、木に穴をあけてバケツをつるし、1滴1滴丹念に集めます。

  • サトウカエデの樹液を、1滴1滴集めます。


大切に集めた樹液を40分の1になるまで煮つめると色がだんだん濃くなってきて、あの琥珀色のおいしい甘味が出てきます。

この大自然の恵みであるメープルシロップは昔々、カナダの先住民が見つけだしたもので貴重な糖分やミネラルなどの栄養分となっていました。

不思議な事に、煮詰めていくと樹液が採れた時期(毎年2月末から4月末頃)によって、色の濃さが違ってきて、甘さも違ってきます。

最初に採れた樹液は色が薄く、甘味もさっぱりしています。
後半に採れた樹液になると色が濃くなって、風味も強くなってきます。

メープルシロップの等級

カナダ政府はこの貴重な大自然の恵みであるメープルシロップについて厳しい法律をもうけています。
そして最初に採れた樹液をNO.1エキストラライト、その次をNO.1ライト、NO.1ミディアム、さらに NO.2アンバー等と等級を規定しています。


前述したように、樹液が採れた時期によって色と甘味が異なり、最初に採れた樹液を煮詰めると比較的薄い琥珀色になり、甘さもさっぱりしていながらコクもありますのでそのまま召し上がるのに適しています。

それ以降に採れた樹液を煮詰めるとだんだん濃い琥珀色になり、甘味も強くなります。強い甘味をお好きな方や加熱して材料に使うのに適しています。
どちらが良いとかいうのではなくお好みによります。

但し、『エキストラライト』『ライト』は『アンバー』に比べて収穫量が少ないので割高になります。
また同じ等級でも幅がありますので色や甘味が違います。

トレーサビリティーシステム

当社が提携しているカナダのメーカーであるH.T.EMICOTT(エミコット)社のメープルシロップはカナダ政府の法律を厳守しており、カナダ政府の検査を適宜受けております。
また日本が高温多湿であることにより、カナダでは実施しない日本の衛生処理技術を導入しています。

メープルシロップでは初めてトレーサビリティを導入しました。厳選した特定農家と提携し、どこの農家がいつ、どこで樹液(自生の木の樹液のみ)を採取し、いつ樹液を煮詰める作業を行ない、どの煮詰めた樹液(半製品)がエミコット社にいつ搬入され、エミコット社がどの煮詰めた樹液(半製品)を使用して製造し、いつ出荷し、日本にいつ入荷し、いつお客さまに納品したかの全工程を記録しています。

全容器の裏側にコード番号を刻印して管理しております。